• なぜギリシャのエクストラバージンオイル
  • エクストラバージンオイルとは
  • オリーブオイルQ&A
  • ご利用例
  • 会社案内
  • お問合わせ

トランス脂肪酸への対応

当社オリーブオイルは「ゼロ」です。日本食品分析センターによって「検出されず」という結果を得ております。どうぞ安心してご使用ください。
トランス脂肪酸問題について日本国内で基準はありませんが、欧米諸国を中心にトランス脂肪酸の少ない食品を摂るよう勧めています。イギリスもまだ規制はされていませんが、「トランス脂肪酸は、ビスケットやケーキ、ファーストフード、マーガリンなどに含まれます。これらの食品は、一般に飽和脂肪酸や食塩、糖分も多く含んでいますので、健康的な食事を心がけるのならば、これらの食品の摂取は最小限にとどめましょう。」と説明しています。

トランス脂肪酸について

「トランス脂肪酸」は、トランス型二重結合という構造を持つ多くの脂肪酸の総称で、一種類の化合物を指すものではありません。二重結合の位置や数、つながり方の違いなどによって多くの種類があります。ヒトの健康への個々のトランス脂肪酸の影響についてはまだよくわかっていません。
トランス脂肪酸は、油脂の加工過程で生じることが知られています。マーガリンやショートニングなどの油脂とそれらを原料として製造された食品、加工油脂で揚げたフライなどにトランス脂肪酸が含まれていることが確認されています。

健康への影響

トランス脂肪酸を過剰に摂取すると、血液中のLDLコレステロール濃度が増加し、一方、HDLコレステロール濃度は減少するので、冠動脈性心疾患の発症リスクが高まると言われています。

国際機関の対応

2003年に開催された「食事、栄養及び慢性疾患予防に関するWHO/FAO合同専門家会合」は、生活習慣病の予防のための目標値を盛り込んだ報告書を公表しています。その中でトランス脂肪酸については、その摂取量を一日当りの総エネルギー摂取量の1%未満にすべきと述べています。

欧米諸国の対応

米国では、加工食品の栄養表示について、既に義務表示項目であった総脂肪、飽和脂肪酸(1993年~)、コレステロール(1993年~)に加え、2006年1月からトランス脂肪酸も表示義務項目となりました。消費者が栄養表示を見てトランス脂肪酸の少ない食品を選択するように勧めています。 その他動物性脂肪の過剰摂取による健康影響が懸念されている一部の欧米諸国では表示の義務付けや含有量の基準値設定などの対策を講じています。

販売商品

エクストラバージンオイル「千年樹の雫」

日本初。ギリシャでも未販売の弊社オリジナルのエクストラバージンオリーブオイル。ギリシャの一部地域のみで生育され、「不死の木」(寿命3000年以上)と言われるギリシャ原木のマナーキ種100%のオーガニックオイル。限定生産。

エクストラバージンオイル「千年樹の雫」

オリーブオイルの石けん【MANAKI 石鹸

ギリシャ エルミオニ地方の樹齢1000年以上のオリーブの木マナーキ種の実を搾りったオイル。
その、希少なマナーキのエクストラバージンオイルをふんだんに使い、1カ月以上熟成させた【手作りオリーブ石けん】です。なめらかな泡立ちと、清らかな香りは使い心地しっとり、さっぱり!使う度に、マナーキの生命力溢れる自然の豊かさを実感していただけます。心やすらぐ、ローズマリー・フェンネル・レモンの香りがします。

オリーブオイルの石けん【MANAKI 石鹸】

エクストラバージンオイル100%の石鹸『トゥリーリス』

原材料は、最高品質のエクストラバージンオイルのみ。石油系の合成界面活性剤や酸化防止剤・着色料は一切使わず、オリーブオイルの天然成分だけを生かしたとても贅沢なナチュラルソープ

エクストラバージンオイル100%の石鹸『トゥリーリス』

天然の岩塩 紅の塩

おにぎりがおいしくなる岩塩!「紅の塩」は、こだわり尽くした究極のオイル「千年樹の雫」と併せて販売しても相応しいと初めて思えた商品です。
品名が同じアンデスの岩塩であっても、これは【他とは違う】のです。レストランなどで出される岩塩も色々試しましたが、"はるかにおいしい‼"と実感。是非比べてみてください。

天然の岩塩 紅の塩

美肌塩&千年樹の雫

「紅の塩」に続く第2弾。豊富なミネラルに加えてコラーゲンもはいった岩塩です。健康維持にお役立てください。
ヒマラヤの岩塩のため、ちょっぴり辛いお塩です。
そして皆様からのご要望にお応えして「千年樹の雫」少量サイズを作りました。美と健康のためのお得なセットです。

美肌塩&千年樹の雫

PAGE TOP